ス ポンサードリンク

2010年07月23日

さてさて・・・検査結果

待ちに待った

この時がやってまいりましたわーい(嬉しい顔)




ぴかぴか(新しい)ケンシュツセズぴかぴか(新しい)



HBV DNA定量が!!!!!


何度も何度も書いていますが


【魔法のお薬】


このおかげですもうやだ〜(悲しい顔)


発症してから(気付いてから)3年

バラクルードを飲みだしてから1年


待ちに待った

この7文字


診察室に入るなり


『あまり言いたくないんだけど・・・』


唐突にDr.から言われ


(ゲー!!悪くなってる?!)


心の中で覚悟したのに


『ケンシュツセズになったねわーい(嬉しい顔)


そんな嬉しい事は最初から

素直に言ってほしいものですが

なにせ、私は調子にのる所があるので

言いたくなかったそうなふらふら


『安心せずキチンと薬は飲んでね』


最後にはチクリといわれましたあせあせ(飛び散る汗)



小躍りしながら旦那様にも報告るんるん


で・す・が・・・


『気を抜かないようにexclamation×2


ムムム・・・ココでもチクリもうやだ〜(悲しい顔)


『でも良かったな』


うぅぅぅもうやだ〜(悲しい顔)

泣けてきますもうやだ〜(悲しい顔)

もちろんうれし泣きですグッド(上向き矢印)


意外と早かったようでDr.も『良く効いたね』と。

そんなこと言われたら欲が出ますよねわーい(嬉しい顔)

次は抗体が出来るのをぴかぴか(新しい)


願いは叶う



願わないと叶わないですからね☆


次の目標が出来ました手(チョキ)


抗体獲得パンチ



さて・・・こんな時間に目が覚めてしまったから

早く寝なくっちゃあせあせ(飛び散る汗)



多くのヒトにB型肝炎のこと知ってほしいです
応援ポチっとお願いします☆


にほんブログ村 病気ブログ B型肝炎へ
にほんブログ村参加中☆


みなさん一緒にがんばりましょうね☆



タグ:B型肝炎
posted by あやさん at 02:46 | Comment(12) | ☆通院☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

どちって…

昨日は土曜日

病院は午前中の診察のみ

いつも多いので診療時間ギリギリに行くんですが

利尿剤を入れての点滴なので

早めに行ったんです。


だいたい毎日同じ方々が点滴を受けてるんですが

私は携帯ゲームをしながら時間をつぶしてるんです。


昨日は忘れちゃってたらーっ(汗)

ボーっとする羽目に…。


しばらくしてっていうか最初から視線が目

隣のオバちゃん…


『おねぇちゃんどこが悪いん?いつもおるけど』と語りかけてきた!!

『肝臓です…』

『えぇぇぇ〜若いのになぁ!で、C?B??』と続く…

『B型のほうです…』

『よかったなぁ〜Bで!!いい薬が出来たんじゃろぉ〜!!Cはダメじゃ』と続いて。

『どこが悪いんかと思っとったんよぉ〜』で終わり。



このオバちゃんを含めC型肝炎で点滴を受けてる方たちは

みんな症状が進んでるようで

毎日2時間かけて点滴を受けてるんです。

年のころは50代半ば〜80歳くらいまで。


今はインターフェロンの助成金も有るし

B型よりC型のほうが効き目があるようなので

どっちが良いなんて私には分かりません。

知り合った方の中でもインターフェロンで抗体が出来たという

C型肝炎患者さんが数人いますし…。

B型は抗ウィルス剤が出来てるので抑えることは出来ます。


BでもCでも感染し発症したと言う事は

決して良いことではない。



ですがみんなどこかで

励ましてくれたり

自分自信を励ましたり



何とか良くなるように

どうにかこのまま進行しないように


頑張ってるんですよねわーい(嬉しい顔)
タグ:B型肝炎
posted by あやさん at 11:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ☆通院☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

肝炎患者って

未だに毎日点滴三昧の日々が続いていますが…

私は40分くらいで終わるんです。

強ミノ100mlなので。

毎日行ってると

同じ顔にお会いするんですが

点滴の薬剤の色とか大きさとかが気になってきて

看護士さんに聞いてみたんです。


私はまだ大した事ないなぁ…と感じました。

ほとんどの方がC型肝炎で肝硬変までになってる方…

通院している病院ではB型よりC型肝炎の方の方が圧倒的に多い。


早期発見・早期治療開始

とても大切な事です。

何度も書いてますが

「変だな…」「父・母がウィルス性肝炎だ」

と分った時

チクっと検査へ行ってほしいです。


posted by あやさん at 13:44 | ☆通院☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

肝臓治療は専門医で。

最初調子が悪いと気付いた時

会社の近くの総合病院に行きました。

2ヶ月近く GPT300 近くをウロウロしてましたが

経過観察でした。

その2ヵ月後『このまま放置は出来ません。即入院して下さい。』

と、言われました。

今まで経過観察で突然の入院指示。

『おかしいんじゃない?他に行ってみたら?』

旦那様の一言で転院したのですが

今の病院には、約2ヶ月の検査データーを持参したんです。

先生は『すぐに注射をしてGPTを下げないとダメだよ。』

と言われました。

それから点滴を毎日してますが^^;

今お世話になってる病院は

肝臓専門医という肝臓専門医認定試験に合格した医師だったのです。

社団法人 日本肝臓学会
http://www.jsh.or.jp/index.html

このような制度があること自体知らなかったので

さっき病院で見つけたので参考にされたらいいと思います。




posted by あやさん at 13:03 | ☆通院☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

4回

点滴の時

4回失敗されました〜!

私の血管は細いらしく

出る所も少ないので1・2回の失敗は良くありますが

今日は酷かった…

3回まではOKにしてるけど

4回は泣けてきました。

『こんな痛いことを4日分も1日で消費した。』って。

片手づつ毎日変えてるんですけどね。

毎日だから注射のところが硬くなってきてます。

来年は半そで着るのがいやだゎ。


タグ:肝炎 B型肝炎
posted by あやさん at 23:39 | Comment(12) | TrackBack(0) | ☆通院☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

リュックおじさん

最近気になってるのが


リュックおじさん!!


年のころは40代後半から50代前半くらいかなぁ

毎日点滴組みのひとり



今日は朝9時から病院へ

体重&血圧測定してベットへ


私は朝一番って初めてだったんだけど

何かこっちを見ておば様&おじ様方がコソコソ話。



なぜか…すぐ分ったんです。



私の寝ている場所は

リュックおじさんの場所だったんです。



リュックおじさん朝9時30分到着


私の方を見ておば様が
『早くこんから取られたよ。』

リュックおじさんが
『起きたのが8時半だったけぇ仕方ない。』




んん??

ココで朝は点滴できないの??

縄張り争い ってどこにでもあるのね〜バッド(下向き矢印)


posted by あやさん at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ☆通院☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

ガキんちょ

毎日の通院って

面白いことや

ムカつく事など

結構あったりするんですよね〜わーい(嬉しい顔)




今日はガキんちょexclamation×2

男の子と女の子の兄弟がお母さんと来てて

どんどこどんどこ走り回ってる


『子供って無邪気で可愛いぃぃ〜』

などと20代までは思ってましたね。


30代になった今日この頃

調子に乗ってるこの兄妹がワタクシの点滴をしてるベットに近づいてきたんですね。

何も言わず、ガン見したらお母さんの膝に逃げこんだんですね。


『ココは病院!!静かにしなさい』


と注意するかと思いきや…ワタクシを睨んでたんです。


次回はこの母をガン見してやらなくっちゃパンチ


帰りに玄関であったのですが

キチンとスリッパを下駄箱にしまってました。

その時は『上手に出来たね』と声をかけましたね。

最高の笑顔でバイバイしてくれましたよ〜ᣵ

posted by あやさん at 14:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ☆通院☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。